以前「十文字ラーメンとは!?」の記事でも紹介しましたが、秋田のご当地ラーメンでもある十文字ラーメンを試食してみました。 実際に食べるのは初めてなので楽しみですo(>∀<)o

定義では{和風醤油の細縮れ麺で、お麩とナルト(or蒲鉾)トッピングが特徴}とありますが、特に決まり事では無いので自由に食べたいと思います(^^)

ナルトは用意が有ったからよいけど、この為だけにお麩を買う気にもなれないので(苦笑)カイワレ大根とチャーシュー・玉子・海苔のトッピングで♪

最近、近所のスーパーで“メンマ”が売り切れていることが多いんです。皆、おうちラーメンに目覚めたのかも!? (b゚v`*)

煮干しと鰹節で出汁を採った醤油スープは、写真でもお分かりだと思いますが、やや薄眼の色。 一風変わった風味と香りは秋田の魚醤でも入っているみたいな、今まで食べたことが無い不思議な味です。 奥深いコクがあるので、研究された良い品だと思います。

麺はコシというより確かな噛み応えがある生麺食感のストレート麺!

スープと良く合います。

煮干しと鰹節の和風テイストと聞いていたので、所謂{昔ながらの中華そば}をイメージしていたのですが、全く違いました。

逆に、鰹節と煮干し出汁より、魚醤風のテイストの方が勝っている、正に秋田のご当地ラーメンって感じ (o’∀’)ノ

トッピングも、ラーメントッピングじゃなくて、にしん蕎麦みたいにイワシの干物とか入れても美味しそうです(^^) 花鰹節をまぶしても面白いカモ!?