日清から発売されている『行列のできる店のラーメン』濃厚スープ編が特売になっていたので、嬉しくなって6袋(12食分)買ってしまいましたw

賞味期限が1か月位だから2日に一食は食べないと消費しきれません。他のラーメンや、実店舗での食べ歩きもしているので実質毎日2食以上はラーメンです(笑)

今回は『和歌山濃厚醤油とんこつ』を食べてみました。

和歌山ラーメンの元祖:井出商店に因んでいるのでしょう。

現在、各食品メーカーが有名店の看板を用いたラーメン商品を発売しています。

当然看板料を支払っているでしょうから、価格も高くなります。

「行列のできる店のラーメン」シリーズは、看板料が無い分、価格も安め♪

チキンラーメン・カップヌードルの日清食品としては、コロナ禍のラーメン戦争で負ける訳にはイカナイという会社の維持も感じられます d(゚∀゚d)

だけどパッケージも凄いですね~! 本当に美味しそう♪

早速試食! (●´ー`●)

お湯でタレを割っただけのスープですが、本当に美味しい♪

現代の食品メーカーレベルは凄いですね~

流石にこのまま出しても行列は出来ないでしょうが、マジで簡単な元スープだけ作ればリアルなラーメン屋さんとしても充分成り立つほど完成度が高い商品だと思います。

名前の通り、濃厚でコク深い出汁が効いていて、豚骨の臭みも無く、醤油とのバランスも絶妙なスープダレです。

1点だけ残念なのは、麺が昭和時代の中華そばみたいな感じで、細麺なんですよね~・・・・スープが結構濃厚な為に完全に麺が負けてしまってます。

(※井出商店の和歌山ラーメンもストレート細麺の様ですが)

つけ麺ブーム以来、中太麺を食べる機会が増えたので尚更そう感じます。

でも生麺だから、それなりに美味しかったですよ ヽ(^ω^)ノ

だけどこれだけ毎日、おうちでラーメン食べていると、ホント、時間と交通費掛けて千円のラーメン食べ歩きをするのは勿体無く感じる様になります。(苦笑)