札幌におけるラーメンの始まりは、1922年(大正11年)に「竹家食堂」で中国山東省出身の料理人:王文彩が、スープに麺を入れ豚肉・筍・ネギの細切りをトッピングした“肉絲麺(ロウスーミェン)”を提供したことが最初です。

この料理は“拉麺”とも呼ばれていたそうです。現代の“ラーメン”語源には諸説ありますが、竹家食堂では厨房で肉絲麺が出来上がった際「好了(ハオラー※「料理が出来上がったよ」という意味)」と声を掛けていたそうで、「了(ラ)」と「麺(メン)」を合体させて、竹屋食堂のおかみさんが“ラーメン”と命名したとの記録も残っているようです。

現代でいう札幌ラーメンの元祖は、1955年(昭和30年)「味の三平」が味噌ラーメンを開発して、それが生活雑誌「暮らしの手帳」に掲載されて有名になった事がキッカケです。ただし、同じ時期に札幌ラーメン老舗「龍鳳」などは醤油ラーメンを提供していて、元々、札幌ラーメンは醤油ラーメンが主体です。

その後、「味の三平」に麺を卸していた「西山製麺」が味噌ラーメンによく合う「多加水熟成麺(中太縮れ麺)」を開発して札幌市内に広がり味噌ラーメンを提供する店が増え、{札幌ラーメン=味噌ラーメン}のイメージが定着していったようです。

更にサンヨー食品がインスタント麺「サッポロ一番」を発売したことで札幌ラーメンの知名度が全国区に広く伝わりました。

札幌ラーメン老舗

札幌がラーメンのメッカになったのは、1955年に7軒のラーメン店と1軒の寿司屋から成る「公楽ラーメン名店街」の誕生で、今の「札幌ラーメン横丁」のはしりです。

・龍鳳
・さぬき屋
・芳蘭
・来々軒(東京浅草)
・宝寿司(寿司屋)
・天津軒
・満州軒
・蓬莱軒

現在の札幌ラーメン横丁(2021年01月現在)

元祖 さっぽろラーメン横丁

元祖鮭ぶしらーめん 一蔵
味の華龍
札幌の味 喜龍
麺屋 國光
札幌ラーメン 熊吉
麺処 白樺山荘
しみじみ
弟子屈ラーメン
天鳳
特一富屋
遠軽とらや食堂
札幌ラーメン 悠-はるか-
二代目萬来軒
倍煎舎
ひぐま 横丁本店
札幌ラーメン北斎
みそ吟

【所在地】札幌市中央区南5条西3丁目 N・グランデビル

さっぽろ名所 新ラーメン横丁


もぐら
味一番つばさ新ラーメン横丁店
赤れんがラーメン南4条店
ラーメン中華 いそちゃん

【所在地】札幌市中央区南4条西3丁目 第3グリーンビル