今回は行列の絶えない北海道の有名店シリーズから、旭川醤油ラーメン『天金』を食べてみました。昭和27年創業の旭川ラーメンの老舗です。

旭川ラーメンの特徴は、濃口醤油のかえしに鶏ガラと豚骨で出汁を採ったスープでラードを浮かせる事! 極寒の旭川では冬場はマイナス30度を超える事もあり、スープが冷めない様にラードでコーティングしているんですね。

旭川は元々アイヌ民族の土地でもあり、油脂をタップリ使う伝統手法からラードを浮かせるスープが考案されたのかも知れません。

派手さはありませんが、伝統の味を守り抜く奥深い味わいが楽しめます。

んで実際の商品は、こんな感じ!

藤原製麺の熟成乾麺は食べ慣れているので美味しさは実感済みで何の不安もありません。

今回は海苔とチャーシュー(ハムみたいな焼き豚だけど)メンマ・ねぎのトッピングで!

写真だとチョット分かり辛いカモだけど、スープ表面のラードが光を強く反射させているのは良く見て取れると思います。

鶏ガラよりは魚介系の出汁が効いているようで、醤油は旭川らしく濃い目。ズッシリとしたコクがあり 「旭川ラーメン、食べてる~♪」 って感じの幸せ感❤

有名店ラーメンシリーズを食べていると、実店舗にも激しく行ってみたくなるので、Go-toトラベルが再開したら北海道に行きたいと考えてます((o(´∀`)o))

(※実は北海道と九州には行ったことが無い・・・)

まだ見ぬ北海道を想い描き、今日も美味しく頂きました♬