ここ数年流行りの“まぜそば”ですが、もう少し前には“油そば”が人気を博していました。まぜそばと油そばは、何が違うのか解説したいと思います。

まぜそば

「まぜそば」は一般的には“台湾まぜそば”の事を指します。台湾まぜそばは、名古屋のご当地ラーメン「台湾ラーメン」の汁無し版!

台湾ミンチと呼ばれる唐辛子とニンニクを効かせたピリ辛醤油風味の肉そぼろをニラ・ネギ・卵黄・魚粉などと一緒に太麺に乗せて提供され、それらを自分で混ぜ合わせて食べるスタイルです。

台湾ラーメンが流行っていたので、名古屋市にある“麺屋はなび”の店主が自分の店でも出そうと試みたのですが、スープが上手くいかず諦めかけていた時にスタッフの助言で、スープり入れず麺の乗せて食べてみたのが始まり!

時は蒙古タンメンなどラーメン業界も激辛ブームになっていた時期で好都合♪

失敗からの偶然の産物だったのです。

現在では“まぜそば”も知名度を増したので、台湾まぜそば以外のまぜそばも、色々と嗜好を凝らして誕生しています。

油そば

油そばも麺をスープに入れないラーメンですが、具材は一般的なラーメンと同じで、メンマ・チャーシュー・ネギなどを醤油ダレ・香味油と混ぜ和せて食す形式です。

主には麺自体の味を楽しむという指向性ですね。

日本蕎麦に近い感覚かも!?

台湾ラーメン

ついでに台湾ラーメンについても説明しておきます。

別に台湾のラーメンが名古屋で流行ったわけではなく、全くの名古屋オリジナルのご当地ラーメンです。

名古屋市千種区にある台湾料理店「味仙」(みせん)の台湾人店主が
台南名物の担仔麺(タンツーメン)を店で再現しようと試みたが美味しく作る事が出来なかった。

辛い物好きであった店主は自分好みに唐辛子やニンニク・ニラなどを加えアレンジした辛いラーメンを試作品として従業員の賄いで出していたところ、店の客がそれを見て食べたいと頼み、好評だったのでメニューに加えたのが始まりらしいです。

担仔麺は辛いラーメンではありません。

つまり、まぜそばも台湾ラーメンも、味の再現が出来ず挫折しかけていた料理が
意外な事に名古屋人の口に合いヒットメニューになった経緯は同じなのです。

因みに本家台湾では、名古屋の台湾ラーメンを「名古屋ラーメン」と呼んでいるらしいので面白い(笑)