焼き豚(チャーシュー)はスープと麺に次ぐ、ラーメン醍醐味の一つ!
でもチャーシューって個別で買うと高いと思いませんか!? 
ペラペラ肉5枚程で200円位、通販で1Kg買うと3000~5000円はします。

ラーメン党なら自前チャーシューが作れるようになると愉しみ5倍増♪

タコ糸巻が出来ないという人が多いですが、煮崩れ防止ネットが普通に市販でありますよ(^^)

焼き豚にも色々種類があるけれど、今回は1番簡単な煮豚チャーシュー。 
臭み取って煮て、タレに一晩付けておくだけ!

豚バラチャーシューの作り方

絶対にこうしなければイケナイなどという決まり事はありませんので、色々工夫するのも良いと思いますが、一例として作り方をご案内します。

絶対にやっておきたい事は「臭み取り」だけ!

【材料】
・豚バラ 500g
・濃い口醤油 200ml
・みりん   50ml
・砂糖    20g
・蜂蜜    10g
・酒     50cc
・にんにく/生姜 少々
・ローズマリー 少々

通常、臭み取には、生姜・にんにく・ネギを使いますが、スーパーで普通に野菜買うと下手すると肉より高いですよね!?(;^^A) だから生姜・にんにくはチューブでも良いし、ネギの代わりにローズマリーを2~3粒(?)使います。ローズマリーを常備していなければ他の香辛料でも良いですし素直にネギを使います。

まず固まり肉をタコ糸で縛るか、煮崩れ防止ネットで包みます。

タップリ目のお湯に塩を少々と、にんにく・生姜・ローズマリーを入れて10分程煮込みます。後でタレで再度煮るので、この段階では肉に完全に火が通っていなくても大丈夫!  竹串か爪楊枝を肉の中心まで刺してみて、血がドバっと出ずに薄っすらにじむ位でOKです。

10分の下茹でが終わったら、使用したお湯は全部捨てて豚バラも軽く洗って表面の臭みも洗い流しておきます。

鍋にタレの材料を入れて、一回沸騰するまでは中火で、噴いたら弱火で、豚バラを転がしながら再度10分煮込みます。

タレで本茹でが終わったら火を止めて冷ましておいて、粗熱が取れたらジップロックに入れて漬け込み、再度冷ましてから冷蔵庫で1番寝かせます。

タッパー保存でも良いですがジップロックの方が肉がシッカリ漬かるので良いと思います。

後は美味しいチャーシューをラーメンと共に食べるだけ♪ 

おつまみとしてもイケます。

他にも色々なチャーシューにチャレンジして、おうちラーメンを楽しんでください(^^)