全国には沢山のご当地ラーメンが存在しますが、それぞれどの様な特徴があるのか良くわからない方も多いのではないでしょうか!?

そもそも何故ご当地ラーメンなるものが生まれたかというと3つの理由が考えられます。

1つは計画的な発想。地域活性化の為、各地の有志や自治体が主体となって地元の知名度アップや名物作りを行った結果誕生したご当地ラーメンです。

2つ目は偶発的な発展。ラーメンが一般的な食事として根付いたのは戦後の話です。現代の様にインターネットもスマホも有りませんから、当時は物流も情報も限られていました。なので近くで流行っている店を参考にするしかありません。製麺屋さんも食材物産卸屋さんも配送してくれる範囲が限られています。必然的に該当地域では同じようなラーメン店が増えていった結果、ご当地ラーメンとして定着したのです。

3つ目にはメディア主体のブランディングが挙げられます。明治以降、何度かラーメンブームが起こっていますが、仕掛け人(?)は新聞・雑誌・書籍等のマスメディア!現在であればTVやSNSです。マスメディアは奇抜さが大好きなので(奇抜でないと注目を集めないから)或るときには必要以上に特徴だけをクローズアップして紹介します。「〇〇=△△」というブランディングを行う訳です。結果、人々のイメージとしての「ご当地ラーメン」文化が形成されていったことも事実です。

もっとも現代では各地域の各ラーメン店ごとに試行錯誤して進化しているので、厳密な定義などはありませんが、区分理解し易い様に簡単にまとめてみました。

旅行がてらラーメン食べ歩きも良いですが、ネット通販で殆ど手に入ります♪

北海道ラーメン

北海道三大ラーメンと言えば{旭川}{札幌}{函館}

巷では旭川=醤油、札幌=味噌、函館=塩、という認識が一般的ですが、実際はそんなことはなく各地で様々なラーメンが提供されています。

因みに2001年には北海道ラーメン全体が「北海道遺産」に認定されています。

東北ご当地ラーメン

多少馴染みが薄いですが、東北にも現地に根付いたご当地ラーメンが有ります。

関東のご当地ラーメン

中部地区(甲信越/北陸/東海)のご当地ラーメン

近畿ご当地ラーメン

  • 京都ラーメン(京都)    ※comming soon
  • 天理ラーメン(奈良)    ※comming soon
  • 和歌山ラーメン(和歌山)  ※comming soon
  • 赤穂塩ラーメン(兵庫)   ※comming soon 

中国/四国のご当地ラーメン

九州ラーメン

北海道と並ぶ、日本のラーメン名産地(?)基本は豚骨ベースのストレート細麺ですが各県によりそれぞれ進化を遂げて、様々なラーメン文化が華咲きました。

  • 博多ラーメン   ※comming soon
  • 長浜ラーメン   ※comming soon
  • 久留米ラーメン  ※comming soon
  • 長崎ちゃんぽん  ※comming soon
  • 熊本ラーメン   ※comming soon
  • 宮崎ラーメン   ※comming soon
  • 鹿児島ラーメン  ※comming soon

沖縄ラーメン

  • ソーキそば    ※comming soon